« 追いかけることも―― | トップページ | よそ行きの顔をして―― »

途方に暮れる間もなく――

――あのヒトに忘れさられる、このオレです。

国家権力の威を借りたゴミクズどもが表現を検閲しようとしたり、川内康範先生が逝去されたり、声を上げずにいられない気持ちに駆られる出来事が多々ありましたが、あのヒトのココロひとつ繋ぎとめられないオレの言葉に何の価値があるのかと思い至り、二週間ほど意識を失っていました。

そんな時でも、いや、だからこそ――

“10 秒に1発撃ち、1分に一人死ぬスーパーポリスアクション”
『大激闘 マッドポリス'80』#09「殺人刑務所」(脚本:峯尾基三 監督:西村潔)
と#10「処刑儀式」(脚本:高田純 監督:野田幸男)

『大都会―闘いの日々―』#31「別れ」(脚本:倉本聰、監督:村川透)

そして、『大都会PART II』#01「追撃」(脚本:永原秀一、監督:舛田利雄)を観ました。

それらについて、私が感じた二、三の事柄が、以下に掲載されています。

http://intro.ne.jp/contents/2008/04/10_1243.html

|

« 追いかけることも―― | トップページ | よそ行きの顔をして―― »

大都会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006349/20114591

この記事へのトラックバック一覧です: 途方に暮れる間もなく――:

« 追いかけることも―― | トップページ | よそ行きの顔をして―― »